忍者ブログ
生活、雑感、日記、他。IT、ネット。市場活動。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アーリーアダプター


アーリーアダプターという言葉を今日知りました。アーリーアダプター、別名を初期採用者、早期採用者ともいうそうです。earlyadopter。マーケティングに関する用語のようです。新商品や新しいサービス、ライフスタイルなどを比較的早い段階で受け入れて、他へ大きな影響を与える受容者層のことをアーリーアダプターと呼ぶそうです。
だからといって新しく出た商品やサービス、ライフスタイルを手当たり次第すべて受け入れるというわけではないようです。新しく出たものを自分で判断、採用する力を持っていて、一般消費者とのズレが少ない価値観を持っていないとダメなようです。アーリーアダプターに受け入れられて普及が進むと、アーリーマジョリティにも受け入れられるとの事。

検索エンジン登録代行
SEO対策とは

キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し

短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
旧ツイッターウィジェット終了。新ウィジェットに切り替え完了。ハブサイトとして今後もツイッター重視
Google SEO対策と衛星サイト更新
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
PR

アーリーマジョリティ


今度はアーリーマジョリティという言葉が出てきましたな。アーリーマジョリティとは、比較的慎重な人たちのことだそうです。ブリッジピープルとも呼ばれるそうです・・・。なんでもかんでも横文字にするんじゃないっ!!!(笑)。平均より早く新しいものを取り入れる層の人達の事のようです。市場の34%がこのアーリーマジョリティと呼ばれる人たちのようです。EarlyMajority。前期追随者のことを指す言葉のようです。
アーリーアダプターに受け入れられて普及が進み。次にアーリーマジョリティに受け入れられると、普及率の伸びがハンパないそうです。一気に跳ね上がって企業からしたらウハウハですね。まずはアーリーアダプターに受け入れられなくてはならない
ようです。

検索上位表示 サービス
SEO対策 セミナー

SEOサービス

昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
画像リンクを増やす
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK