忍者ブログ
生活、雑感、日記、他。IT、ネット。市場活動。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デモ


気になる記事を目にしました。今連日騒がれている中国でのデモ。なんと朝鮮工作員が裏で操っているとかなんとか・・・。中国人に成りすまして暴虐の限り尽くす!公安警察の幹部もグルだそうで・・・。日本人に間違われて頭から血を流している人の写真もありました。その写真を見たとき、同胞なら見分けがつくのでは・・・?と不思議に思いましたが、この記事が本当ならば納得が出来そうです。中国人に成りすました人が中国人を殴る。中国に進出している日本企業が撤退すれば困るのはその企業で働いている中国の方ですからね。
これで矛盾がなくなった気がします。中国から日本の企業が出ていけば喜ぶのは誰かを考えたとき、それは果たして中国なのかということです。

SEM会社
SEOコンサルティング

脱SNS。ブログシフトを進めて早1年半。SNSから距離置き、より一層ブログ・HPシフト推し進める
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
SEO成功者,SEO対策で成功する人の特徴
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例
「被リンク設置の時間分散」と「数」で参入障壁を築く。SEOへの参戦遅れるほど上位表示コスト上がる
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
SEOスコアに占めるリンクスコアの割合は大変高い。リンクスコアに占めるリンクエイジスコアの割合は?
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
「気力管理」と「体力管理」。経営は気力!
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
PR